生理のときにニキビができる悩み

生理のときになると大人ニキビができる人も多いのではないでしょうか?
生理ののきに大人ニキビができやすいのには理由があります。
生理前には黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌が多くなります。
そうすると、皮脂の分泌が増えてしまいます。
皮脂の分泌が活発化するとどうしても吹き出物は出やすくなってしまいます。
また、プロゲステロンは精神的にイライラするといったような症状を引き起こすことがありますので、そのストレスによってホルモンバランスが崩れてしまい、皮脂が過剰に分泌されやすくなるという理由もあります。
このようなことを抑えておくと大人ニキビを治すことができます。
生理前の吹き出物を改善したい場合には、洗顔に気を付けてお肌を清浄に保ち、保湿をしっかりとすることがとても大切です。
特にお肌の保湿はしっかりと行いましょう。

大人になってから出来るニキビは思春期ニキビほどそうそう簡単にはケアできません。
思春期とはちがい大人のニキビが出来てしまう要因はターンオーバーの乱れ、乾燥による皮脂の分泌など様々なものがあります。
若いころにニキビができるのは皮脂の過剰分泌によります。
そして皮脂が毛穴の中にたまるので思春期のニキビが発生します。
基本的に、大人ニキビができた場合は、大人ニキビに合ったケアをしなければダメです。
適切なケアをしなければ繰り返しニキビができたり、大人ニキビが治らないだけでなく、悪化してニキビ跡になります。
大人になってからのキビはちゃんとケアしないと治り難いです。
仮にニキビがなくなっても再びニキビが出来てしまうことも結構あります。

このブログ記事について

このページは、投稿が2015年4月14日 02:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「赤いニキビの原因とケア方法」です。

次のブログ記事は「頭髪の悩みは発毛専門医院に任せる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja